FC2ブログ

リアサス調整

リアサスのプリロードを調整しました。
ローダウンした上にトップケースつけてるせいか、バイクのお尻が沈み気味。
サイドスタンド立てると直立気味になるのでプリロード調整で改善しないかと。

写真の左奥に見えるのがサスペンション。下部のリングを回して調整します。
このバイクはサスがスイングアームの奥にあるので、狭くていじるのが大変です。
車体の両脇にサスのあるツインショックだと作業しやすいのですけど。
50618A38-AA5D-43B8-8960-EA5343283557

調整用の車載工具は柄が長過ぎてフレームに当たってしまい回せません。
分割式なので柄の部分を外せばいけそうですが、それだと力が入らない。
仕方ないので別途フックレンチ(引掛スパナ)を購入しました。

左から車載工具、フックレンチ58/65、50/55、そしてベルトレンチです。
ベルトレンチはなんでも回せるので駄目ならこれで回すつもりでした。
B36E31C2-D3A7-4626-83E7-92BA31668EBC

車載工具のサイズがΦ60だったので、58/65のフックレンチでいけました。
購入したフックレンチは板厚が5mmくらいあるので爪が外れにくいです。
長さも車載工具のレンチより短いので狭い場所でもどうにか回せました。

左が購入したフックレンチ、右が車載工具。この板厚の差。
これだけ厚いと爪がしっかり引っかかり滑って外れる事もありません。
E996717B-7897-41AA-91C0-C81577A93F0B

最初は固くてどうにも回らずバイク屋さんに頼もうか考えましたが、
思案の末にセンタースタンドを立ててサスの圧縮を開放してやったら
割とすんなり回ってしまいました。う~ん、バカバカしい。(^^;

調整後はサスの沈み込みが減って駐車時の姿勢も多少改善された感じ。
サスはあまり硬くしない方がいいみたいですが、トップケース付けたり
普段から荷物が多めの人は一段強くしておくとよいかもしれません。
関連記事
Versys-Xメンテナンス

Comment

Add your comment