FC2ブログ

グリップヒーター

寒さ対策のためにグリップヒーターを取り付けました。
ハンドルに発熱シートを巻き付けるだけの簡易的なものです。
運転中ズレないように裏面に薄い両面テープを貼って固定してます。
少しグリップが太くなり握りにくくなってしまいました(汗)

D6D89AF6-CA14-4A7C-B36D-6D1A71463F36

実は今年の春先に購入して一度取り付けてみたのですが、
ハンドル周りが電線でゴチャゴチャになるのが嫌で外してしまったのです。
今回は配線用のパイプでまとめたので、かなりスッキリしました。
ハンドル切っても問題ないように電線の取り回しに苦労しました。

27163A6A-2BCC-4A23-9DCA-3F15F95174A3

製品はデイトナ製のホットグリップ。11Wの省電力タイプです。
値段の高い交換式グリップになると20~30Wにもなるそうです。
バイクが250ccなので発電能力を考慮して省電力タイプにしました。
他にもナビやらドラレコやらいろいろ付けてるので…。

昔も上野バイク街で同じタイプのヒーターを500円で買いましたが、
そんなジャンク同然のものでも十分すぎるほど熱くなりました。
それにVersysはハンドガードが風除け代わりになるので
指がしびれない程度の暖かさは確保出来るのではないかと思います。

夜中に1時間ほど試しに走ってみたら指が霜焼けになりました(汗)
そこそこの寒さなら耐えられますが、気温が0度近くまで下がる夜は
さらなる防寒対策をしないと走り続けるのは難しいです。


しかし作業が終わった後に問題発覚。
消費電力を計算してみると若干ですが容量オーバーに…。

フォグランプ 8W×2
グリップヒーター 11W
ナビ  6W
ドラレコ 0.35W      (合計33.35W)

Versysのアクセサリ電源はフォグランプも含めて最大30Wです。
ですがグリップヒーター、ナビ、ドラレコをフル稼働させると
消費電力が全体で30Wを超えてしまう事が分かりました。

電源はアクセサリソケット直下のギボシ端子から分岐させて取ってます。
配線図を見るとフォグランプとアクセサリソケットは同じリレーに繋がってます。
アクセサリ電源のヒューズは5Aなので3W超えたくらいでは切れませんが。

9C56D80D-A52C-4961-A73D-22BD623F3A21

考えてみればモバブの充電に必要な電力が10Wくらい(意外と電気食う)
なので同程度の消費電力のグリップヒーターを繋げても問題ないだろうと。
フォグランプ点灯したままモバブを充電しても今まで問題なかったので。
長く使い続けるとリレーなどの電装品を傷めるかもしれませんが。

フォグランプ使うのは夜だけですし、昼間は電力に余裕あるので
これまで通りモバブの充電も出来ますから運用に支障はありません。
ともあれ消費電力に注意しながら使い続けようと思います。 

電装系は故障すると原因を突き止めるのが大変なので御用心下さい。
前に乗ってたバイクは電装系の不具合が原因で手放しました。
原因はレクチファイヤ/レギュレータの欠陥だった事を最近知りました。
90年代のバイクはまだ電装が弱く類似のトラブルをよく目にしました。
関連記事
Versys-Xバイク用品

Comment

Add your comment