FC2ブログ

ハンドルカバー

ハンドルカバーを取り付けました。
2りんかんで購入したMOTORHEADのハンドルカバーです。

ハンドルカバーは不格好になるので避けていたのですが、最強の防寒アイテムですよ。
熱が逃げにくいのでグリップヒーターだけの場合より数倍は温かいです。

カバーの中で手を動かしやすいように夏用のメッシュグローブを使ってますが、
生地が薄いぶん熱が伝わりやすく手が火傷しそうなほど熱くなります。
これなら真冬のナイトランも楽勝ですよ☆


カバーは紐で結んで固定してるだけなので簡単に装着・取り外しが可能です。
_DSC8884

Versysにはハンドガードがついているので影に隠れてあまり目立ちません。
_DSC8828

同色な事もあって、この角度でも思ったほど目立ちません。色を揃えてよかった。
_DSC8830

むしろアドベンチャーバイクには似合うんじゃないかと思うほど。無理ですか?
_DSC8879

離れて眺めると標準装備にさえ見えてしまいます。ないとかえって寂しいくらい。
MotorHead

どうでしょう? このバイクとハンドルカバーとの一体感(笑)
_DSC8870_00001

操作はすぐ慣れます。遠くのボタンが操作しにくく時々ホーン鳴らしたりしますが(汗)
_DSC8889

弱点だった金属のレバーにはスポンジを巻いて指の冷えを防止してます。これで完璧。
75152880-0766-4237-82BB-A0FF417C4926


グリップヒーター+ハンドルカバーの組み合わせはマジ無敵です!!

氷が張るほどの寒さになっても余裕なんじゃないでしょうか。
グリップヒーターを付けたものの発熱量が足りないと感じている方は
ハンドルカバーを併用する事で十分リカバリー可能です。

あと手の出し入れはそれほど難しくないです(厚い冬用グローブだと難しい)
とっさにハンドルを握れないので危ないんじゃないかと思ってましたが、
いざとなればカバーの上からハンドルを握って対処が可能です。

滑稽なビジュアルに抵抗があってハンドルカバーを避けている方も、
誰も見ていない夜だけでもこっそり使ってみてはいかがでしょうか?
私はあまりの快適さに一度使ったら手放せなくなりました。

寒い冬はこれで乗り切りたいと思います。
関連記事
Versys-Xバイク用品

Comment

Add your comment