スキッドプレート

Versysにスキッドプレートを取り付けました。
これがないと冒険しようにも腹を擦りそうで心配だったので。

恐らく中国製ですが、塗装や溶接の品質は問題ありません。
ただ工作精度に問題があって思いのほか取り付けに苦労しました。

20190210143447216.jpeg


Versys用のスキッドプレートは何種類か出てますが、どれも海外製です。
基本は個人輸入ですが、国内で取り扱ってる店も探せばあるようです。
Amazonやヤフオクにも時々出品されてます。すぐ消えますが。(^^;




ちなみに製品によってはロアカウリングと併用出来ないものもあります。
でもエンジンのこの部分は結構脆弱で軽くぶつけただけで割れる事もあるとか。
なのでロアカウリングをそのまま使えるタイプの方が良さそうに思えます。



2019021014344509e.jpeg
まずはこのロアカウリングを外します。反対側も。

20190210143442e19.jpeg
カウルを外したついでに普段手の届かないエンジン周りを磨きまくっておきました。

201902101434413d9.jpeg
取り付けに加工が必要な製品もあるようですが、これはボルト4本でとめるだけ。

IMG_8372.jpg
ロアカウリング固定用のボルト穴(矢印部分)を利用して共締めします。

2019021014343964b.jpeg
工作精度がアバウトで5mmほど隙間が。なかなかボルトが通らずネジ穴を潰しそうに。

20190210143438581.jpeg
チャンバー部分は覆われますがエキパイは保護されません。その分整備性はいい。


今回は人柱になるつもりで購入しましたが、人にオススメ出来るかというと微妙です。
ドレンボルト用の切れ込みがあるので付けたままオイル交換は出来そうですが、
点検に出す時は外しておいた方が良さそうです。バイク屋さんは嫌がると思うので。

念願のスキッドプレートを付けたので、これでガレ場に飛び込んでも安心です。
時間が出来たら林道にでも行って、どんなもんか試してみます。
関連記事
バイク用品