FC2ブログ

[1]林道金谷元名線(保田側)

ビギナー向け?といわれる富津金谷の林道金谷元名線を走ってきました。
ここなら本格的なオフ走行は無理なVersysでも走れるのではないかと思いまして。
しかし実際にはオフ走行の基本も知らない素人には厳しい道でした。

DSCN3967_00001.jpg

金谷側の入り口がわからず保田側から林道へ入ったのですが、道は荒れ放題。
岩肌むき出しの路面に浮石、さらにはクレバスまで…。よく生きて戻れたものです。
砂浜でダート走行の練習してなかったら転倒したり崖下に落ちてたかもしれません。

これが大型ADVなら保田側の林道を走るのは、かなり危険なんじゃないでしょうか。
もし行かれるのでしたらフラットダートの金谷側から目指した方がいいと思います。
金谷側から記念碑の所までなら普通のオンロードバイクでも行けると思います。



富津金谷

ひとまず金谷にある林道入口を目指し、館山道を使って一気に南下。
自宅から一時間で林道まで行けるのは割と恵まれてるのかもしれません。(^^;
しかしこの日は10連休の只中、道も街も見た事がないほどメチャ混みでした。

IMG_4077_00001.jpg
君津PAでCB1300SB二台でツーリング中の御夫婦に遭遇。アクアラインも大渋滞だったとか。

DSCN3829_00001.jpg DSCN3850_00001.jpg
金谷市街は大混雑。トイレにも行けず金谷駅や鋸山駐車場(無料の方)をウロウロ。

DSCN3849_00001.jpg
ついでに日産のCMで見た鋸山登山自動車道を走ろうと思ったら、二輪走行禁止。

DSCN3859_00001.jpg
金谷側の入り口を探していたのに、保田側の入り口に偶然到着…。(^_^;

DSCN3877_00001.jpg
その後も探し続けましたが、さっきの鋸山駐車場に逆戻りしたりして辿り着けず。



林道入口(保田側)

仕方ないので金谷ではなく保田側から林道にアタックする事にしました。
こちらは路面が荒れてると聞いてましたが、想像以上に荒れまくってました。
オフ車ならなんて事ありませんが、ADVバイクでは大変な道でした。

DSCN3885_00001.jpg
ここで会ったのはオフ車乗り一人だけ。物好きな人しか来ないんでしょうか。

DSCN3900_00001.jpg DSCN3902_00001.jpg
最初は舗装路ですが、すぐクレバスと浮石だらけの道になります。

DSCN3908_00001.jpg
ここからダート。この路面に不安を感じるなら引き返した方がいいです。

DSCN3913_00001.jpg
凄い場所でしたが写真撮る余裕ありませんでした。後日動画で公開します。

DSCN4024_00001.jpg
タイヤは端まで使って頑張ってる様子。横滑りする事もありませんでした。

DSCN3912_00001_20190509061805595.jpg
息が続かず休憩。オフ車の人は余裕で通過。やはりガチなオフ車は凄いですね。

DSCN3911_00001.jpg DSCN3910_00001.jpg
怖い場所ですが、千葉の山は熊が出ないだけマシ。(猿とヒルと痴漢は出ます)

DSCN3973_00001.jpg
ダートを抜ければ後は楽勝。逆に金谷側から来た人は、この先の惨状に驚くはず。

DSCN3969_00001.jpg
木立の間のウイニングロードを進みます。バイクを倒さず上がってこれたのは奇跡。



鋸山林道口

DSCN3918_00001.jpg
一応ゴールとなってるらしい広場。登山者はここから徒歩で鋸山を目指すらしい。

DSCN3985_00001.jpg DSCN3989_00001.jpg
記念碑。沼田知事の頃ならそう昔でもない。いい遊び場を作ってくれてありがとう。

DSCN3933_00001.jpg
エンジン冷却中。エンストしないよう回し気味で走ったので、かなり過熱してます。

DSCN3922_00001.jpg
大型ADVだと保田側は難しいかも。標識の大型禁止って大型ADVの事だったりして。

DSCN3930_00001.jpg DSCN3940_00001.jpg
まだ蚊もいないので、ここのベンチで弁当食べたり横になって休みました。

DSCN3946_00001.jpg
トレイルコースだからか、突然この山の中から子連れの家族が現れて驚きました。

DSCN3937_00001.jpg DSCN3948_00001.jpg
海外からの旅行者も歩いてましたが、母国の方がもっといいとこあるのでは…。(^_^;

IMG_4267_00001.jpg
訪問記念に令和のポーズ! …って、この日はまだ令和になってませんが。(^^;



保田側はヤバイ

自信がなかったりバイクを壊したくない人は保田側から入るのはやめた方がいいかも。
自分はオフ走行の知識がないので教習所で教わった波状路走行の方法で乗り切りました。
出力を失うと死ぬので、絶対エンストさせないよう吹かし続けながら走りましたよ(笑)

肝心の写真を撮れませんでしたが、こんな場所では撮影より運転に集中しないと
コケたり崖下に落ちたり、見通しが悪いので他のバイクと衝突するかもしれません。(^_^;
(対向車とは遭遇しませんでしたが、絶対に来ないわけではない)

このあとは金谷側入口に向かって走りますが、長くなりましたので続きは後編で…。
金谷側の林道はフラットダートで走りやすいものの、落石や崖崩れの跡がありました。
雨が降った後は危ないので行くのは控えた方がよさそうです。
関連記事
Versys-Xツーリング房総林道ダート

Comment

Add your comment