FC2ブログ

[2]林道金谷元名線(金谷側)

後編です。

金谷側から林道に入るつもりが入り口が分からず、保田側から林道へ。
かなり荒れた路面でしたが、なんとか走りきって記念碑の所まで来ました。
今度は記念碑から金谷側の入り口に向かって走ります。

DSCN3942_00001.jpg

浮石とクレバスだらけの保田側と比べると、金谷側はフラットで走りやすいです。
これなら私のような林道未経験者や大型ADVの人も余裕で走れると思います。
飛ばさない限り滑って転ぶような事はまずないと思うので。



林道(金谷側)

体力が回復したところで後半戦開始。
記念碑のところから金谷側入口に向かって山を下ります。

DSCN3932_00001.jpg
記念碑から先はフラットダート。石や枝が落ちてますが不安は感じません。

DSCN3993_00001.jpg DSCN4008_00001.jpg
最初のうちは舗装路ですが、すぐに砂利道に。気を抜くと滑りそう。

DSCN4003_00001.jpg
本当に気持ちのよい道が続きます。アドベンチャーバイク買って良かったです。

DSCN3997_00001.jpg DSCN3994_00001.jpg
横は崖、見通しも悪い。対向車が怖いのでハザードつけてホーン鳴らしながら走行。(^^;

DSCN4010_00001.jpg DSCN4006_00001.jpg
時々小さな広場があり焚き火の跡が…。こんな山奥でキャンプする人が??

DSCN4013_00001.jpg
死者も出ている竹岡林道の入り口。現在は完全封鎖されてます。

DSCN4021_00001.jpg
山深い場所なので下調べしてから来ないと迷いそうです。

DSCN4015_00001.jpg
いい道です。このような林道を走りたいと、ずっと思ってました。



野良キャンプ場

突然広い空間に出ます。地名がないのでなんと呼べばいいのか分かりません。
焚き火の跡が沢山あったので「野良キャンプ場」と勝手に命名します。(^_^;

DSCN4028_00001.jpg
ここも金谷元名林道の名所の一つだとか。それにしては誰も来ませんね…。

DSCN4051_00001.jpg DSCN4053_00001.jpg
やたらと野営の跡が。BB弾まで転がってましたがサバゲでもしてるんでしょうか。

DSCN4054_00001.jpg
この広場の高台から鋸山を一望出来ます。鋸山の裏側にあたるそうです。

_DSC1825_00001.jpg _DSC1809_00001.jpg
たぶん地獄覗きの裏側。山頂に張り巡らされた柵と登山者が見えました。

_DSC1902_00001.jpg
さらに道を隔てた反対側にもう一箇所、街一つ入りそうなほど広大な空間が…。

DSCN4045_00001.jpg DSCN4035_00001.jpg
ここキャンプ場にすればいいのに …と思ったら、すでにキャンプしてる人がいました。



金谷側入口

林道は夜間通行禁止らしいので、暗くなる前に山を下ります。
そしてこの先に、いくら探しても見つからなかった金谷側の林道入り口が。
ちょっと呆れるような場所にありました。

_DSC1917_00001.jpg
ここから先も結構あります。ちなみに林道の全長は約6kmとのこと。

DSCN4063_00001.jpg DSCN4067_00001.jpg
しばらく進むと舗装路に。金谷に近付くにつれて道が良くなります。

DSCN4073_00001.jpg DSCN4069_00001.jpg
林道の金谷側入口。今回は逆から来ましたが、普通はこちらから入るものらしい。

DSCN4072_00001.jpg
林道入口に面した道路は高速ICのランプ。なんと最初に通った道でした。orz



金谷港

命からがら林道から戻ったあとは、朝は混んでて寄れなかった金谷港へ。
保田へ行けば、ばんや本館など食事出来るところがあるのですが、ここでギブアップ。
(ここは食事よりもフェリー待ちの人がお土産を買ったりするところ)

IMG_4269_00001.jpg
the Fish」 ここでお土産を購入。渋滞はなくなりましたが、人はまだ多い。

IMG_4283_00001.jpg
港はフェリー待ちの車で満杯。バイクは別の入り口から優先的に乗せてくれます。

IMG_4273_00001.jpg
アクアラインの渋滞を避けて東京湾フェリーを使う人が、かなりいるそうです。

IMG_4317_00001.jpg IMG_4321_00001.jpg
今日はタイヤも頑張ってくれました。スキッドプレートにも助けられました。

IMG_4313_00001.jpg
このあと一般道で帰路に。まだ寒くてメッシュジャケット着るには早すぎました。



金谷側はヌルい

保田側と比べると金谷側は簡単に走れます。私のようなド素人でも楽勝なほどです。
刺激に飢えてる破滅型ライダーは路面の荒れた保田側から突っ込んでも構いませんが、
不安な人は金谷側から入った方がいいと思います。くれぐれも慎重に。
(金谷側入口は非常に分かりづらいです。うっかりすると通り過ぎちゃいます)

それにしてもやはり林道は一人で行くのは危険です。いささか無謀な挑戦でした。
無事に戻れたからよかったものの、運が悪ければ崖下に転落してたかもしれません。
(いつぞや富津で死者が出たとニュースで知りましたが、まさかここだったとは…)

「もう怖いのヤなんだよっ!」 などと帰宅直後は思っていたのに、家に戻ると
「今度は金谷側から入ってみよう」とか、「広場で一人BBQやりたいな☆」とか…。


全然懲りてない!
まったくもって救いがたし! (^^;
関連記事
Versys-Xツーリングダート房総

Comment

Add your comment