FC2ブログ

ひとりBBQ(富津金谷)

再び富津金谷の林道、金谷元名線へ行ってきました。
今度は林道の途中にあった広場で一人BBQをするためです。
先日、行ったばかりなのに懲りない人…。(^^;

前回、広場で一人BBQしてる人がいたので真似してみようと思いまして…。
想像した通りにはいきませんでしたが、初めてだったので面白かったです。

前から一人BBQやってみたかったのですが、一人になれる場所はそうありません。
公園はBBQ禁止、BBQ場は家族連れが占拠、砂浜は犬の散歩してる人がやって来たり…。
でもここは山の中、人はほとんど来ません。焚き火も自由、絶好のBBQスポットでした。

DSCN4255_00001.jpg

前回来た時は寒かったのに、この日は富津に来た途端、モワッとした熱気が。
空気の境目が分かるくらい極端に気温が上がりました。富津から南はもう夏です。
ちなみに肉は保冷バッグに入れて持っていったので、この暑さでも大丈夫でした。



林道入口

前回、見つからなかった金谷側の林道入口ですが、今回も見落としそうになりました。
トンネル出口のカーブ内側にあるので見えにくく、視界に入った時にはもう手遅れ。
仕方なくその先でUターンして戻りましたが、また通り過ぎそうになって焦りました。

DSCN4112_00001_01.jpg
この道は高速ICのランプ。横道が林道入口。高速を降りた車が飛ばしてくるので危ない。

DSCN4115_00001.jpg
入り口の標識が小さく、通りから見えないので林道を探して彷徨ってる人がいましたよ。

DSCN4124_00001.jpg
前回来てから一週間しか経ってないのに急に緑が増えて、道は草で見通しが悪い。

DSCN4138_00001.jpg
朝一番で広場に到着。流石に朝っぱらから林道にやって来る人はいません。

DSCN4446_00001.jpg
この高台が広場の一等地。「お立ち台」と命名。みんなここで写真撮ったりBBQしたり。

DSCN4213_00001.jpg
その後、子連れの一家がお立ち台にやって来ました。やはりここで一人BBQは無理。



野良キャンプ場

お立ち台は後から来る人に譲りまして、自分は道路を挟んで反対側にある広場へ。
広場の左右にテントサイトのような空き地が広がってるので、そこに陣を張りました。
さらに奥まで道が続いてますが、泥でヌタヌタなので入っていけませんでした。

DSCN4162_00001.jpg DSCN4159_00001.jpg
まず徒歩で調査。知らない場所はバイクで入る前に歩いて確かめた方がいいので。

DSCN4149_00001.jpg
広場の中心にはこんなロータリーが。このあと原っぱをバイクで走り回りました。

DSCN4218_00001.jpg DSCN4314_00001.jpg
ヌタヌタの水たまりは避けた方が賢明。草の陰には石も隠れてるので御用心。

DSCN4207_00001.jpg
泥湿地のような地面ですが、ここ昔は池があったんじゃないでしょうか。

DSCN4238_00001.jpg
地面は濡れてるとヌタヌタですが乾くとカチカチ、スタンドも立ちます。

DSCN4216_00001.jpg
征服地にマッカンを立てる儀式。今後ツーリングでは記念にこれやろうとかと。(^^;



ひとりBBQ

しばらく野飯してなかったせいか腕が鈍ってしまい、焼肉も炊飯も失敗しました(汗)
固形燃料は火力が強すぎて難しいです。(普段はアルコールバーナー使ってます)
炭だといいのかもしれませんが嵩張るのでバイクで持っていくのは難しいです。

DSCN4322_00001.jpg
広場の奥で設営開始。完全に貸し切り状態。誰も来ないんで好き放題出来ます。

DSCN4294_00001.jpg DSCN4357_00001.jpg
服なんとかならんのかと思いますが、上着脱ぐほど暑くなると思わなかったんで。

DSCN4302_00001.jpg
日陰がないのでタープが欲しかった。真夏だったら自分が焼けてしまいます。

DSCN4243_00001.jpg
最初に炊飯をすべきでした。段取り悪くていきなりソーセージ焼いて焦がしたり(汗)

DSCN4257_00001.jpg
とりあえず肉を焼き始めるも想像以上に火力が強くて調理が難しい。

DSCN4363_00001.jpg DSCN4378_00001.jpg
金網だとすぐ丸焦げになってしまう。フライパンの方が綺麗に焼けます。

DSCN4389_00001.jpg
この燃料、大量の煤が出るので後片付けが大変。何もかも汚れて黒フェス状態。

DSCN4382_00001.jpg
実際にやってみると上手くいかない事もありましたが、それなりに楽しめました。



鋸山林道口

撤収後、走行動画を撮りたかったので、このあと記念碑のところまで走りました。
途中、海の見える絶景ポイントがありました。夕方なので余計に綺麗に見えました。

DSCN4394_00001.jpg DSCN4395_00001.jpg
記念碑の広場。山の中から猿の鳴き声みたいのが聴こえたので、すぐに退散。(^_^;

DSCN4417_00001.jpg
記念碑の広場から山を下り始めてすぐの所に、わずかに視界の開ける場所が。

DSCN4426_00001.jpg
ここから見える浦賀水道がメチャクチャ綺麗でした。海が見えるのは道中ここだけ。

DSCN4457_00001.jpg DSCN4471_00001.jpg
この後とりあえず金谷港へ。平日だとフェリーも空いてます。連休中とは大違い。



感想

山の中で誰の目も気にせず好きに羽を伸ばせて、いい気晴らしになりました。
水道もトイレもない不便な場所ですが、BBQしたくなったら今度からここへ来ます。

一人なのをいい事に、山の中で昭和レトロな音楽をガンガン流しながら
覆面姿で肉焼いてんですから、他人が見たらどう思うのやら…。
一度バイクが入ってきましたが、私の姿を見るなり引き返していきました。(^^;

撤収作業は一人なので大変です。焼き網を捨てる人がいるのも分かりましたよ。
特にコールタールのような煤汚れは最悪で、うっかり素手で触ったら真っ黒に(汗)
水と石鹸を持ってたから良かったものの、なかったらどうなった事やら…。

キャンプしながらのロンツーでは毎度こんな事やってられないので、
食事は弁当や缶詰で済ませた方が翌日に響かずいいかもしれません。
調理するなら固形燃料よりアルコールバーナーの方が汚れずに済みます。

DSCN4320_00001.jpg

余談ですが、南房総は夜になると天の川が見えるそうです。
野島崎が有名ですが、山に囲まれた金谷の野良キャンプ場も
夜は真っ暗になるはずなので、そのうち星の写真を撮りに来ようかと。

問題は獣が出るような山中に夜、一人でいられるかなんですが…。
山に入る時だけは護身用に鉄砲持たせてくれませんかね。(^_^;
関連記事
Versys-Xツーリングアウトドア房総

Comment

Add your comment